ジュンタラ楽音製作所ののぞき穴

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


大幅な間違い 訂正 
非常にはずかしながら、8弦ウクレレのチューニング間違っておりました。
オクターブは4弦、3弦のコース。2弦はユニゾンですよと連絡いただきました。
赤面です。
なんかこんなに高音強かったかなという気持ちもあったのですが、チャランゴっぽい感じがおもしろく、迷い無く思いっきり間違って2弦オクターブにしてました。
すみません。ちゃんと修正します。
ただ、8弦ウクレレとしては間違っておりますが、けっこう自分的には好きな感じだったので、開き直ってこれを機にこんなのどうでしょうという風な物として作ってみようかとも思います。

| 製作 | comments(0) | trackbacks(0) |
初8弦コンサートと弦について
  
初めて8弦ウクレレ作ってみました。しかもコンサート。こちら大阪のオハナさんへ旅立ちましたので、ご興味ある方、ぜひチェックしてみてください。
複弦の豪華な感じ楽しいです。
普通の弦のセットだと2、3弦のオクターブ違いの弦は太さに差があり、弦高の調整は弦のフレット側の端をそろえるため、全然弾き慣れていないからか、押さえる時太さの差が大きいため押さえづらく感じてしまいました。
同じ材質だと仕方が無いのですが、低音側をフロロカーボン、高音側はナイロンにして、少しでも太さの差が小さくなるようにしてみました。

私、結構ナイロン弦の音が好きなので、昨年あたりから物によっては普通の4弦タイプのものでも1弦だけもしくは1、4弦をナイロン弦張ったりしています。(2、3弦はフロロ)
とにかく、弦によって音色がすごく変わりますし、楽器との相性もあり、自分自身まだいろいろと試しております。
以前ハーブオオタさんが1〜3弦を同じ弦張ってるというような話を聞いて思ったのが、弦の材質の違いによる質感の違いもあるけど、太さの違いによる質感の違いもあるので、全体的に太さの似た物にしたらどうかなというところから始まってます。
ちなみに4弦タイプのナイロン弦はダダリオのクラシックギターのバラ弦でウクレレの1弦はギター用1弦のノーマルテンション、ウクレレ4弦はギター用1弦のエクストラハードテンション使ったりしてます。
今後も他のメーカーの物もいろいろ試してしれっと使ったりすると思いますが、あまり気にせず、自分好みの弦探してみるのも楽しいかと思います。
確固とした物が無くて申し訳なくもあるのですが、生涯サンプルをモットーにぱっと見では分からないところをちまちま変えながら製作していきますので、お付き合い頂ければと思います。

| 製作 | comments(0) | trackbacks(0) |
あけましておめでとうございます
あけましておめでとうございます。
昨年も迷いや不安やらでもたもたして申し訳ないと反省しております。
何かしら新しくする時はやってみないと結果は分からないと頭では分かっているのですが、精神的に弱くいろいろ考えて止まってしまうので、もっと鍛えないといけないと思っています。
まあ、私に注文や修理を頼んで下さっている時点で心の大きな方々ですので、いろんなものひっくるめて現状の100%確実に打ち出して、もちろん今以上も目指して精進していきますので、大きな心で受け止めていただけると幸いです。

| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |
ケースも仕上がってきまして。
私のソプラノやコンサートウクレレ、一般的な物より少し大きく、市販のハードケースには収まらなかったりするので、岩本ケースさまにお願いして型から作って頂いてます。
今回もマカフェリタイプのケースを作って頂き、当然のことながら、ピッタリと気持ちよく納まってくれます。
この当たり前のようにぴったりくる安心感、ほんとうにありがたいです。
こちらはテナースケールのマカフェリ型ウクレレです。大阪のオハナさんに置かせていただきますので、ご興味ある方ぜひお立寄りくださいませ。

| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
結構な事後報告ですが
サウンドメッセで出展しましたウクレレ大阪のオハナさんに置かせていただいてます。
ソプラノのほうはすでにHOLDになってますが、テナーに興味ございましたらお立ち寄りくださいませ。
今回のテナー、はじめてサイドホールを空けてみたのですが、スプルーストップということも相重なって軽く音が広がっていく感じが弾いている本人も気持ちよく聞こえて、サイドホール効果実感しました。ちなみに裏には2枚補強板を貼って強化しています。
ソプラノのほうは、見た目としては、ロゼッタを変えてみようかという思いで今までと違う感じにしてます。中身はいつもちょっとずつ微妙にかえてますが、こういうところもちょっとずつですが、変えていこうかなと思っている次第です。

| お知らせ | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/23 | >>