ジュンタラ楽音製作所ののぞき穴

<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


さようなら原発1000万人アクション
 少し前の話だが、かなり久しぶりに大きなスクリーンで映画を見た。
タイトルは ”ミツバチの羽音と地球の回転” 。
上関原発建設をめぐるドキュメンタリー。
電力会社はお金が欲しいのだろうが、僕の感覚では理不尽なことにしか思えず、憤りを覚えた。
いろいろ考えることはあるが、ただ、行き着くところは自分で、何も出来ずにいる自分にも腹が立つ。
この時期、除湿機に頑張ってもらっているが、冬の除湿機をほとんど使わない時期と比べると、電気代が1万、2万軽く上がる。
今使っている除湿機は、10年ほど前に製造されたもの。エアコンと同じで最近のものは省エネ化が進んでいる。エアコンと違い、業務用の除湿機はそんなに売れるものではないからか、いざ買うとなるとちょっと足踏みしてしまうお値段。まあ、でも見切り発進で買ってもがんばれば返せるだろうから、頑張って早いとこ頭金を貯めねば。
あと、作業場をしっかり断熱の効くところへ移るのも課題。省エネのことだけでなく、鹿児島に帰って来た最大の理由も今のところではできそうにないので作業場の引っ越しは必須。ただ、さすがにこちらはぱっと借りてぱっと返せるものではないので、難しいなと思う日々。

昨日は、環境活動家の田中優さんの講演が地元であったので、2時間ほど聴きに行った。
非常に分かりやすく勉強になった。(話されていた内容の一部の記事がありました。)
脱原発というと必ず出てくる自然エネルギー。しかし、自然エネルギーの話のまえに、省エネだけで原発は必要なくなるという話はとても興味深かった。
電力のピークは、気温31度以上の日の2時から3時くらいだそうで、この時間の電力消費は多くが事業系のもの。このピークを下げれば良いということ。
きっと、大きな企業ほど省エネ化してるはず。資金力のない小さい企業のほうが問題なのではないかと、根拠はないが思った。
あと、30分につき5分程度エアコンを送風に変えるだけでもみんなでやればかなり省エネになるそう。30分に一度ではないが、こちらは知らずにやっていた。せこい考えも役にたつものだ。
電気機器や建物をきちっとすることは、省エネだけでなく、良い製品作りにもつながる。
早いとこ実現できるよう頑張ろう。

あと、




こういうサイト教えてもらったので、関心のあるかたはぜひ見ていただきたい。
僕のブログ見る人はそんなにいないと思うが、見た人がまた周りの人に伝えていって、少しでも輪が広がれば良いなと思う。

| 日記 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.juntla.com/trackback/1273717