ジュンタラ楽音製作所ののぞき穴

<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>


のぼりの横棒
 たまには道具の話をば。
物作りの種類によってあまり一般的ではない道具というものがそれぞれあったりするけど、楽器製作の特殊なものは楽器製作用の道具などを売っているところでサクッとネットショッピングで買えるのでありがたい。ただ、やはり使っているともうちょっとこうした方が便利なのになー、など感じて自分でいろいろ手を加えたり、作ったり、作ってもらったりする訳だけれど、代用というか、何か使えるものは無いかなと日頃から考えたりするのが楽しみだったりする。

楽器の内部パーツの接着は、バネの入った筒や、板バネ、竹、グラスファイバーの棒などをしならせ、つっかえ棒のようにして、バネの力で接着する。
以前は竹を使っていたが、曲がりが均一ではないし、だんだんクセが付いて曲がったままになってきたりするので、楽器製作道具売ってる2店からグラスファイバーの棒を購入。
片方は細くて丸くて弱々しいかんじで、もう片方は硬くて作業しづらいかんじ。
この中間くらいのものがないかなーと探していると、ほどよさそうなサイズのグラスファイバーの棒を作っているところを見つけたので、長さを指定して作ってもらった。
硬さもほど良く、細めなので、細かい部分の接着した後のはみ出した接着剤の拭き取りなどもしやすくて非常に満足。ただ、唯一ガラス繊維の毛羽が手に刺さって危険だったので、安いチューブの中に入れる作業が少々手間だったけど、とにかく大満足。
良い買い物をしたと思っていた数日後、ギター好きの友人がふらりと遊びに来た際、この棒のことをベラベラしゃべっていると、友人が一言、「これ、のぼりの上の横棒じゃない?」
確かに言われてみるとそれにしか見えなくなってきて、ネット検索するとまさに断面が同じサイズで、毛羽の棘がささらないようなコーティング仕様まである。作ってもらった棒、長さは違ったけど、まぎれも無くのぼりの横棒。しかも、のぼりの横棒は作ってもらった物のほぼ半額。かなりショック。全然思いつかなかったことも残念な気持ちになった。
ちょっと冷静に考えれば、このようなマニアックな角棒、何か用途が無ければ作る訳がないのだ。
もっと想像を働かせたり、世の中いろいろ細かいところまで観察したりしないといけないなと反省。ほんと身近なところにあったのにな。



| 道具 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/1 |